HOME > 押さえておきたい自動車保険の基本 > 人身傷害補償保険

おさえておきたい補償「人身傷害補償保険」

人身傷害補償保険は、自動車保険の基本補償で言えば「自分自身と搭乗者のケガなどを補償する」保険です。
最近の自動車保険を見てみますと、これまで「自分自身と搭乗者のケガなどを補償する」保険の柱であった搭乗者傷害保険に代わって人身傷害補償保険が中心的な補償として扱われているものが増えてきています。

いっぽう自動車保険によっては、人身傷害補償保険を単独特約として任意選択する場合もあります。
このように、自動車保険によって位置づけに違いはありますが、今の自動車保険の中で重要な補償を提供してくれる保険ですので、忘れずに附帯することを検討してみてください。

人身傷害補償保険の概要を簡単に説明しますと、この保険を附帯していれば、過失の割合に関係なく、また示談の成立に関係なく、事故で被った損害額を保険金100%を上限に、無条件で受け取ることができるのです。

従来の自動車保険では、例えば交差点の出会い頭の衝突事故などで、ご自身の過失割合が40%、相手方の過失割合が60%であったとします。そして事故による損害額が3000万円だったとしましょう。
従来の自動車保険なら、損害額×相手方の過失割合の1800万円が相手から支払われ、残りの1200万円は自己負担することになります。でも人身傷害補償保険に3000万円で加入していれば過失割合に関係なく3000万円が支払われるのです。しかも示談が成立していなくても、その保険金が支払われるのです。

ということは、例えばこの事故で相手方が逃走して、所在がわからなくなったとしても、また無保険車で示談交渉にもまともに応じないような相手でも、人身傷害補償保険をつけていれば契約保険金を上限に保険金が支払われるのです。

また、信号無視やセンターラインオーバーなど、ご自身の過失が100%と判断されてしまうような事故をおこした場合、これまでなら相手方の自賠責は勿論、任意保険からも補償が引き出せなかったようなケースでも、人身傷害補償保険をつけておけば、ケガの治療費、休業補償、慰謝料などの損害額を算出して、契約金額を上限に100%保険金が支給されます。

人身傷害補償保険を附帯した自動車保険は「完全補償保険」などと言われていたこともありましたが、これだけ隙がなく補償されるのですから、決して大袈裟な表現だとは言えませんよね。


人身傷害補償保険は、搭乗中の傷害だけではなく、他の車に搭乗中、または歩行中の事故でも補償範囲を広げることができます。ただし補償範囲が広くなるほど保険料も高くなってしまいます。保険料を膨らませないためにも、自動車保険としての補償に限定して利用するということでよいのではないでしょうか。

また人身傷害補償保険があれば、搭乗者傷害保険、自損事故保険、無保険車傷害保険は基本的に不要です。
また、「通販型自動車保険だと、示談交渉力に不安だ・・・」などとお考えの方もいるかも知れませんが、そのような方は人身傷害補償保険をつけておけば安心ではないでしょうか。