HOME > 押さえておきたい自動車保険の基本 > 車両保険って必要?

車両保険って必要?

車両保険は、事故で損害を受けた場合に自分の車の補償です。車両保険は自分の車の補償ですから、附帯していなくても他人に迷惑をかけることはありません。
また車両保険は自動車保険料に占めるウェイトが高い保険ですので、車両保険をはずして見積もりすると、保険料はかなり下がるのも事実です。

そのため、できるだけ保険料を節約したいと考えている場合、車両保険をつけるべきか外すべきか悩んでしまうこともあるでしょう。
でも特別な事情や理由がない限り、車両保険はつけておくことをおすすめしたいと思います。
軽微な修理で済むような事故の場合は、保険を使わないで自己資金で修理することも出来ますが、とても自己資金では賄えないほどに車が損壊した場合は、修理費用をローンで調達するようなことになってしまいます。

毎月の新しい支出をつくってしまっては、家計を圧迫してしまうことにつながりますよね。これはできるだけ避けたいところです。特にローンで車を購入している場合は車両保険をつけておくことをおすすめします。

また、車両保険はエコノミー契約でなければ、落書き・いたずら・盗難などでも補償されます。
盗難や車へのいたずらは人気車や高級車に多く、そうした車種をお持ちの方なら迷わず車両保険をつけるでしょうが、それ以外の方でも車は大切な財産であることに変わりありませんよね。まして、いわゆる高級車でなければ料率が安いので、車両保険もそれほど高くなりません。

車両保険が必要ないのは、ある程度の修理費用は、どんな時でも自己資金で調達できるという方や、格安で購入した中古車などで、修理するぐらいなら新しい車に乗り替える予定だというケースだと思います。でもそれ以外は、エコノミー+限定A特約車両保険(一般車両から当て逃げと自損事故を除いたもの)でもよいですから、車両保険はつけておいたほうが良いのではないでしょうか。

なお車両保険をつける場合、事故をおこしても一定金額までは保険金が出ないように免責をつけておくと良いでしょう。保険料も安くなりますし、保険を使わなければ等級も下げずに済みます。

また自動車保険によっては、1回目の事故に限り、免責金額を設定していても自己資金で負担しないで済む「免責ゼロ特約」というものもあります。運転歴の浅いドライバーは検討してみてもよい特約だと思います。