HOME > 押さえておきたい自動車保険の基本 > 基本補償を覚えよう

基本補償を覚えよう

自動車保険一括見積もりサービスを利用して、自動車保険を検討する場合、自動車保険の基本補償を理解しておくと良いと思います。
自動車保険の基本補償には、事故の相手方への補償をカバーする

・対人賠償保険
・対物賠償保険

自分自身と搭乗者のケガなどを補償する

・搭乗者傷害保険
・自損事故保険
・無保険車傷害保険
・人身傷害補償保険

自分自身の車の補償の

・車両保険

があります。

対人賠償保険は、自賠責保険の限度額(死亡・後遺障害で3000万、ケガで120万円)でカバー出来ない補償に備えるために任意保険では必ず必要になる補償です。
対物賠償保険は、他人の車や建造物、信号・ガードレールなどを損壊してしまった場合に支給されます。

搭乗者傷害保険は、車に乗っている方が死傷した場合、また入院した場合の補償で、相手方からの賠償金や人身傷害保険に関係なく保険金が支払われます。
自損事故保険は、その名の通り自損事故で死傷した場合に保険金が支払われ、無保険車傷害は相手方が対人賠償に未加入などで十分な賠償が得られない場合に備える補償です。

人身傷害補償保険は、搭乗者の死傷に対して、実際の補償額を算出して過失の割合に関係なく保険金が支払われる保険です。
自動車保険の中でも、とても大切な補償になります。『おさえておきたい補償「人身傷害補償保険」』で更に詳しく解説していますので、宜しければぜひチェックしてみてください。

車両保険は、保険料を節約するために外している場合もあります。フルカバー補償の一般車両保険以外に、エコノミー限定A、エコノミーなど補償対象を限定したものもあります。

自動車保険が分かりにくいと感じている場合は、自動車保険の基本補償が理解できていないことからくる場合がほとんどだと思います。基本補償は保険の概要をつかむ上で欠かせないものです。決して複雑なものではありませんので、混乱しそうになったときは整理してみてください。