HOME > 自動車保険の加入目的 > 年齢・運転歴によって補償内容を変える

年齢・運転歴によって補償内容を変える

自動車保険は運転者の年齢条件を制限することで保険料が安くなります。

運転者の年齢条件には、

・運転者年齢21歳未満不担保特約(保険会社によって21歳以上補償)

・運転者年齢26歳未満不担保特約(保険会社によって26歳以上補償)

・運転者年齢30歳未満不担保特約(保険会社によって30歳以上補償)

・運転者年齢35歳未満不担保特約(保険会社によって35歳以上補償)

といったものがあり、20歳以下の方が記名被保険者の場合や年齢条件を限定しない場合は「無制限」もしくは「年齢問わず補償」として扱われます。
ドライバーの年齢が限定できる場合、年齢条件特約は忘れずに設定しておきたいものです。

また、自動車保険は年齢や運転歴によって補償のポイントも少しずつ変わっていく場合があります。自動車保険の更新の際、年代によって補償の持ち方に変化をつけることを考えてみても良いでしょう。

たとえば運転が上手な方だと、色んな場面で代理運転を頼まれてしまうことがありますよね。特に20代中盤から30代前半だとそういったケースが多いと思います。自分でも運転することが嫌いではないので、先輩や年上の人から頼まれれば喜んで運転すると思います。でも運転するクルマが運転車限定特約を附帯しているような場合は、事故をおこしたとしても勿論補償されません。
最近の自動車保険は、保険料節約のため自動的に年齢条件や運転者条件がついている場合が多いので注意したいところです。

このようなケースでは「臨終運転者特約」をつけておくと、急に代理運転を頼まれた場合でも快く頼みを受け入ることができます。勿論事故をおこすことが前提ではありませんが、運転が上手な若いドライバーの方は注意してほしいいところです。

また、運転者の年齢が30代中盤から40代の方ですと、万一の自動車事故は家計にも大きなダメージを与えてしまうことがありますので補償内容も手厚くしておきたいところです。でもこの年代の方は、教育費の負担増や住宅ローンがはじまったりなどで、もっとも保険料を節約したい年代でもあるのですね。

プラス要因として、年齢条件が35歳未満不担保となったり、等級がある程度あがっていたりといった、保険料が安くなる要因が揃いはじめる年代でもあるのですが、家計に占める保険料の負担はできるだけ軽くしていきたいという点は変わりありません。

この年代の方なら、事故リスクも比較的低減されている年代でもありますから、積極的に通販型の自動者保険を検討して、人身傷害補償など中身の補償の充実を行うなどを検討するべきでしょう。

以上は一例でしかないのですが、その年代で注意することが、人ぞれぞれに必ずあるはずです。細かく考え過ぎるとキリがありませんが、更新の際に保険証券をじっくりながめて、補償に過不足がないか注意してみてください。