HOME > 自動車保険の加入目的 > リスク細分型自動車保険について

リスク細分型自動車保険について

自動車保険は、ライフスタイルの変化によって見直されるべき保険ですが、その時々のクルマの利用環境やドライバーの条件によっても基本の保険料が変化していきます。この保険料の算定方法が「リスク細分型」といわれるもので、保険料の算定方法として一般化しています。

保険自由化以前も、ドライバーの危険度を事故歴や年齢、車種によって区分けしてきたのですが、自由化以降、更に細かい基準を用いてドライバーの危険度を区分けするようになりました。

リスク細分型の算定で加味される項目には、年齢・性別・運転歴・クルマの使用目的・年間走行距離・車種・安全装備(エアバッグ・ABS・衝突安全ボディなど)・所有台数・地域などがあげられます。
クルマの利用環境が変わるなどで、リスクの度合いに変化が出た場合は、情報は更新されて保険料も変化します。

リスク細分型の自動車保険は、外資系自動車保険によって取扱いがスタートしたことから、外資系の通販型自動車保険だけにに用いられていて、保険料が安く算出されると考えている場合もあるようですが、決してそんなことはありません。
リスク細分型は自動車保険の保険料基本算定として、外資系自動車保険以外でも広く使われていますし、クルマの利用状況やドライバーの安全運転度によっては保険料は高くなる場合もあります。

ほとんどの自動車保険がリスク細分型自動車保険ですから、やはりドライバーが注意するべきなのは、事故をおこさない安全運転を心がけるということと、複数の自動車保険の見積もりをとって自分の車の利用状況に合った自動車保険を選ぶことになります。

自動車保険によっては走行距離にウェイトをおいて、保険料に強弱をつけている会社もあります。どれも同じように見えるリスク細分型自動車保険でも、会社によって保険料に違いが出てきますので、十分比較検討することが大事なのです。