HOME > 自動車保険の加入目的 > ライフスタイルの変化に合わせる

ライフスタイルの変化に合わせる

比較的運転歴が浅い若い方は、あまり実感として感じられないかも知れませんが、クルマの利用形態や補償の考え方は年々変化していくものです。その理由は、事故をおこした時の影響力を考えると一番分かりやすいと思います。

まず独身時代と結婚してからでは、事故をおこした場合に影響を及ぼす範囲は明らかに拡大しますよね。子供が生まれて家族が増えれば、その影響力は更に大きくなって行きます。事故の規模が小さければその影響も大きくはありませんが、事故の規模が大きくなると経済的な影響は大きくなります。ですから独身時代と家族を持ってからでは補償内容に変化が出て当然なのです。

更に年月が過ぎてやがて子供が家族のクルマを運転する年代になると、自動車保険の運転者年齢条件を検討しなければならなくなります。子供が独立して家族のクルマの運転者が減れば、そこでまた保険の内容は変わります。これは運転者が増えるなどの変化による自動車保険の変化です。

また仕事の変化でも自動車保険の加入目的は変わります。例えば、自家用車を仕事でも使う環境にあるケースですが、ずっと営業マンとして収入を得ていた方が、仕事の変化によって、仕事の移動手段としてのクルマの利用が減ったという場合は、自動車保険の基本情報は大きく変化します。

仕事環境が大きな変化を見せることなど、若いうちは考えにくいことかも知れませんが、これからはそのようなことが頻繁におこることも十分に考えられますよね。

乗るクルマが変わった場合だって、補償内容に変化がでてきます。次回の車検で廃車にするつもりのクルマなら、車両保険もはずしてしまうことだってあります。

このように自動車保険は、その時々によって加入目的や補償内容に変化が出てくる保険です。またライフスタイルの変化に合わせて、積極的に補償内容をアレンジしていくべき保険なのです。