HOME > 保険料を安く抑えるポイント > 人任せにしない

人任せにしない

家計に占める保険料を節約することは、今や誰もが意識していることです。もちろん必要な補償は確保する必要はありますが、優先順位の極めて低い補償までカバーすることはないでしょう。なぜなら、補償の設定を誤ったという場合でも、自動車保険は毎年見直しが出来るからです。この点は、一度契約した保証内容を変更すると大幅な保険料アップに繋がりやすい生命保険とは大きな違いです。

したがって「1年定期の掛け捨て保険」という自動車保険の特質を積極的に活用すること、つまり小まめに見直しを行うことが自動車保険の保険料を安くするための第一歩になります。

また、保険選びを人任せにしないということも保険料の節約のために欠かせない姿勢です。すべてとは言いたくありませんが、保険を販売する側としてはできるだけ販売手数料が稼げる補償内容で保険契約することを目標に営業活動します。これは仕事上、避けられないことでもあります。
でも、ユーザー側が販売者側の都合を優先して自動車保険を契約している時代は、とっくの昔に終わっています。


自分の加入している自動車保険の内容についてほとんど覚えていないという方は、できれば一度、加入している保険証券をあらためてチェックしてみてほしいと思います。

保険証券をみてどんな補償内容になっているか分からないという場合は、契約時の契約内容の説明が不十分だった可能性があります。
また、ユーザーも長々とした説明を聞くのが面倒だということから、契約内容の説明がお互いの同意のもとに簡易化されているのかも知れません。

いずれにしても、自分の自動車保険の補償内容がほとんど分からないという方は、保険選びも人任せ、自分の加入している自動車保険についてもあまりに無関心すぎだったかも知れません。
また自分の保険に無関心なのは、保険選びを人任せにしてきたからとも言えます。これでは、単純に安い通販自動車保険乗り換えて保険料が下がったとしても、本当の意味での保険の見直しにはなりません。
自分で思い当たる方は、まず加入している自動車保険の内容を把握することからはじめてみてください。