HOME > 一括見積もりを利用する前に > 一括見積もりのメリット・デメリット

一括見積もりのメリット・デメリット

【一括見積もりのメリット】
多くの方が、自動車保険を積極的に比較検討したいけど、電話や訪問をかけられたり、ダイレクトメールが届いたりするのではないかと考えてしまっているのではないでしょうか。私も保険販売をしてきた人間ですから、これは十分有り得ることだというぐらい分かります。
しかし、こうした面倒な営業攻勢に巻き込まれることなく、簡単に完全無料で見積もり比較が出来るシステムがあるのです。おそらく名前は聞いたことがあると思いますが、それが「自動車保険一括見積もりサービス」です。

保険の自由化以降、これまでどこで見積もりをとっても内容、保険料ともに変わらなかった自動車保険が、保険料の算出を一定の料率を基準に行う必要がなくなったことで、各社の違いを自由に打ち出すことができるようになりました。

自動車保険一括見積もりサービスはこうした背景から生まれた保険見積もりサービスです。

自動車保険一括見積もりサービスはいくつかあるのですが、「インズウェブ!」は保険一括見積もりサービスの老舗でもあり、自動車保険だけではなく、生命保険の一括見積もりでも使えるのでとても便利です(私もこの「インズウェブ」をメインに利用させてもらっています)。

自動車保険一括見積もりサービスのメリットは短時間で多数の自動車保険の見積もりを出すことができるという点です。これによって、とても簡単に同等の条件下の自動車保険の見積もりを比較することが出来ます。

自動車一括見積もりを利用すると、これまで継続してきた自動車保険によっては、保険会社が違うとこんなに保険料に違いが出ることに驚くかも知れません。
私も、このサービスを使って他社の自動車保険の見積もり金額を見たときに「こんなにも違うんだ・・・」とびっくりしたことを覚えています。

高い保険料の自動車保険に加入していることが、イコール「損」ということにはなりませんが、他の自動車保険について「知らない」ということが「損」してることとイコールだということは十分有り得ます。

自分で保険の内容に納得しているのなら良いのですが、保険の内容を全く把握しないまま、毎年数万円も余計に支払っているとしたら、やはり考えるべきでしょう。

自動車保険一括見積もりを利用する一番のメリットは、保険会社によって保険料にこんなに差がでると言うことを知ることにあります。そして、それを知るためには、手数料など一切掛らず、しかも作業自体は5分から10分程度の入力作業で済んでしまうのです。
本当なら膨大な手間と時間がかかってしまう保険の見積もり依頼とその確認が、簡単な入力作業だけで済んでしまうわけです。この簡便さも自動車保険一括見積もりサービスのメリットだと言えるでしょう。


【一括見積もりのデメリット】
では自動車保険一括見積もりサービスを利用する上でのデメリットはあるのでしょうか。デメリットと言えるかどうかはわかりませんが、強いてあげるならサービス上の「限界」として、全く同じ条件での保険比較はムリだと言うことはあるでしょう。
これは、考えていただければわかるのですが、自動車保険の「傷害保険(特約)」という補償を一例にしてみますね。

「傷害保険」は従来、「無保険車傷害特約」「搭乗者傷害特約」「自損事故特約」の3つが柱になって出来ていますが、近年これに加えて「人身傷害補償特約」という新しい特約がでてきたのです。

これによって、「傷害保険」は自動車保険によって「無保険車傷害特約」「搭乗者傷害特約」「自損事故特約」「人身傷害補償特約」の4つが基本補償となってセットされているものもあれば、「人身傷害補償特約」だけが特約として任意で附帯するようなものもあれば、「人身傷害補償特約」だけが基本補償となっていて、その他の「無保険車傷害特約」「搭乗者傷害特約」「自損事故特約」が任意セットなんていうものもあります。

一括見積もりを行う場合、既加入の自動車保険をベースに見積もり比較を行うのが一般的なのですが、「傷害保険」ひとつとっても基本補償と特約の設定に違いがありますので、指定見積もり条件ときれいに一致した保険料が出てくるわけではないのです。

でもこれは、個別に見積もりを依頼しても、補償の構成が違えば、指定条件に一番近いかたちで見積もりがでてきますから、デメリットや限界とは言えないかも知れません。
ただし、自動車保険は同じうような基本補償をもっていても、個々にその設定が微妙に異なっているということを頭に入れて、サービスを利用していただきたいと思います。