HOME > 一括見積もりを利用する前に > 保険料を節約するのなら

保険料を節約するのなら

自動車保険は事故のリスクをカバーしてくれる大切なものです。決して軽視するべきものではありませんが、保険契約を維持していくために支払う保険料はバカになりません。

「家計を切り詰める」と言う考えはあまり好きではありませんが、本当に必要なことに十分な予算をかけられるように、無駄はやはり見直したいものですよね。

収入が右肩上がりで上昇していた時代ならまだしも、たとえ収入が下がることがなくても手取りは目減りしていく時代にあって、家計に占める無駄な出費は排除していかなければなりません。
保険料のような必要な出費であっても、負担に感じている場合は内容を見直す必要があるでしょう。


自動車保険がいくら大切な保険だからといっても、過剰補償にして自動車保険を組んでしまうと保険料は高額になってしまいます。収入との兼合いもありますが、保険料の目安は貯蓄も十分していける程度に抑えることがベストでしょう。というのも貯金も保険のひとつらからです。

多目的に流用出来るのが、貯蓄という「保険」良いところです。しかも貯蓄という保険は自由に引き出すことができて、貯蓄にまわす資金が捻出できない月は貯蓄しなくても誰からも咎められることはありませんよね。
すべての補償を保険だけでカバーする考えをお持ちの方は、あらためるようにしてください。

また自動車保険は補償内容に強弱をつけることで、保険料をかなり抑えることが可能です。自動車保険には様々な補償がありますが、なかには必要性が低い補償を附帯している自動車保険を、何の疑問も持たずに保持されている方もいるようです。これはあまりにももったいないはなしです。

そしてこれだけたくさんの自動車保険が販売されているのに、付き合いや義理で同じ自動車保険にずっと加入し続けている方も多いと思いますが、自動車保険料を節約しようと考えるなら、付き合いや義理で保険を決めるのは止めましょう。