当サイトについて

自動車保険を見直す際の、押さえておきたいポイントをわかりやすく解説しています。私は、自動車保険を見直す際、一括見積もりサービスを利用して、56,160円の保険料が28,930円になりました。その時の体験談も掲載しています。

>> 自動車保険料が2万円以上安くなった私の体験談

自動車保険を安くするなら

年間に支払う自動車保険の保険料は、多くの家庭で数十万円にも達していますが、そのことに何ら疑問も持たない、または疑問は感じているけど改善しようとはしていない方も多いのではないでしょうか。その保険が適正な内容で、必要不可欠な補償であればいいのですが、下手をすると自分が加入している保険の内容も理解しておらず、ディーラーや代理店に言われるがままに更新を続けている人も少なくないかもしれません。

そこで下記のサイトでは、無駄な保険料を支払わないために、必ず知っておくべきことをまとめています。

自動車保険は見積もりで安くする http://jiho-mitumori.com/

【当サイトがおすすめするお役立ちサイト】
管理人がお世話になっているオススメのサイトをご紹介します。
--------------------------------------------------------------
車検の手続きや費用・オススメの車検業者を詳しく解説

【自動車保険を安くする】保険料を2万円以上安くした私の体験談を公開

--------------------------------------------------------------

一括見積もりを利用する前に
保険料を節約するのなら 自動車保険がいくら大切な保険だからといっても、過剰補償にして自動車保険を組んでしまうと保険料は高額になってしまいます。
メリット・デメリット 自動車一括見積もりを利用すると、これまで継続してきた自動車保険によっては、保険会社が違うとこんなに保険料に違いが出ることに驚くかも知れません。
一括見積もりの体験談 私が一括見積もりを利用して、保険料が安くなった体験談をまとめました。

保険料を安く抑えるポイント
人任せにしない 保険選びを人任せにしないということは、保険料の節約のために欠かせない姿勢です。
一括見積もりで保険料を比較 自動車保険の保険料を安くしようとするなら、どうしても色んな自動車保険で見積もりをしてみる必要があります。
割引になる特約は漏れなく附帯する 自動車保険には、契約条件によって適用される割引や、附帯することで割引が適用される特約があります。
安全運転ドライバーを目指そう 保険料を安くする抑えるには、安全運転を続けることが重要になります。

「通販型」と「代理型」について
通販型自動車保険はなぜ安い 通販型自動車保険は、代理店型自動車保険より安いのはなぜでしょうか。その理由をわかりやすく解説しています。
自動車保険選びの違い 保険を選ぶ際、保険料の安さについ注目しがちですが、事故対応の良さや保険金がスムーズに支払われるかといった部分も忘れてはいけません。

自動車保険の加入目的
ライフスタイルの変化に合わせる 比較的運転歴が浅い若い方は、あまり実感として感じられないかも知れませんが、クルマの利用形態や補償の考え方は年々変化していくものです。
リスク細分型自動車保険について ドライバーの危険度を事故歴や年齢、車種によって区分けしているのが、リスク細分型自動車保険の考え方です。
年齢・運転歴によって補償内容を変える 自動車保険は運転者の年齢条件を制限することで保険料が安くなります。

押さえておきたい自動車保険の基本
基本補償を覚えよう

自動車保険を検討する場合、自動車保険の基本補償を理解しておくことも重要になります。

車両保険って必要?

できるだけ保険料を節約したいと考えている場合、車両保険をつけるべきか外すべきか悩んでしまうこともあるでしょう。

人身傷害補償保険

人身傷害補償保険は、自動車保険の基本補償で言えば「自分自身と搭乗者のケガなどを補償する」保険です。

自動車保険の代表的な特約

自動車保険には色んな特約があります。ただし基本補償だけで補償として十分な場合はムリに特約を検討する必要はありません。


おすすめ自動車保険(通販型)
三井ダイレクト

三井ダイレクトは近年特に人気が高まってきた通販型自動車保険です。

ソニー損保

ソニーというと生命保険では顧客と対面によるコンサルティングセールスで有名ですが、ソニー損保は完全な通販ラインによる保険販売を行っています。

チューリッヒ

チューリッヒ保険会社はスイスのチューリッヒ市に本拠地を置く外資系保険会社で、日本でも通販自動車保険で高い評価を得ています。


おすすめ自動車保険(代理店型)
AIU

私の知り合いにもAIUの代理店の方がいますが、プロ意識が高く、損害保険の専門家という高いプライドから責任感の強い代理店さんだという印象が強いです。

三井住友海上

三井住友海上は、東京海上日動、損保ジャパンと並ぶ大手損保会社です。

東京海上日動

東京海上日動は損害保険会社としては国内最大手であり、自動車保険契約台数も1200万台以上と圧倒的なシェアを有しています。


TOPリンク
医療事務の資格ガイド

医療事務の資格・通信講座の情報を紹介しています。

カードローンの審査を通す方法

カードローンの人気ランキングや金利・ 無利息期間・総量規制対象外のカードローンなどさまざまな角度からカードローンを徹底比較しています。失敗しないカードローン選びを教えます。